がんと闘う男のブログ 発覚から入院・治療まで

【大腸がん治療日記】大腸がんの治療 (その5 退院)

投稿日:2019年11月7日 更新日:

患者は患部を取り除けばただのけが人。病院はさっさと退院して欲しいのです。次の患者が待っているから。
以下の内容は、私の実話です。

じゃんじゃん歩く

昨日の辛さがうそのように、3日目になると動ける動ける。痛みはあるが、もうあまり問題なく歩き回れるようになるので散歩しまくった。とっとと退院したかったし。

順調に回復、トイレも自力で行けるようになる

開腹した部分は溶ける糸で止めてあったため抜糸などは必要ない。ただ、当初は腹の中の汁を出すため管がぴょろっとついていた。それも2, 3日後には抜けた。

同じように、尿排出のためのカテーテルも取れた。点滴繋がるだけの自由が手に入った。もうほとんど制約は無くなってきた。

食事が始まる、シャワーも浴びる

重湯からだったと思う。3日目か4日目くらいには食事が始まった。この頃からは時間とともに回復していくのがよくわかった。動けるようにもなるしね。
同時にシャワーも浴びられるようになった。湯船はNGだが、シャワーで患部を洗ってもいいとの許可も出てた。さっぱりできた。

咳やくしゃみがつらい

とかくしゃみって、その瞬間に下腹部にかなりの力がかかりますね。なので、する前には細心の注意を払って、、、って無理。生理的に出るものだから、突然ゴホンとかハックションってやった日にゃ、ハラを押さえて悶絶するハメになります。その度にハラの中でぶちぶちと音が. . .糸が切れるかなんかしてるんだろう。大丈夫か?(大丈夫だったけど)

最後の方になってやっと気がついた。腹を手や腕でグッと抑えてから咳をすればいいんだ。ウエイトリフティングのベルトみたいな感じ。それで、そこそこの圧力に耐えられることがわかった。

そして、退院

私の手術は水曜日でした。で、3日後の土曜日の回診の時にもう退院の話が出ました。早くね?火曜とか水曜でもいいよと言われましたが、そりゃあかんでしょ。

結局、術後ちょうど10日後の土曜日に退院しました。ただその時にはほぼ痛みも治まってきていたので、院内を歩き回るだけではもの足らず、階段(14フロアー分くらいだったかな)の上り下りをするなんてくらいまで回復していました。そりゃさっさと出てけと言われるのも無理ないか。。。

-がんと闘う男のブログ, 発覚から入院・治療まで
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【大腸がん治療日記】抗がん剤治療のリアルなブログ (2020/1/9~)

2020/01/09(木) 2020年最初の治療です。 今日は問診時に昨日のPET-CTの結果を聞きました。問題なし。で、次回は5週間に伸びて、その後は6週ペースにすることとなりました。なんというか、 …

no image

【大腸がん治療日記】主治医からの電話

2020年8月12日(水)夕方6時頃 突然の電話。病院からです。取ってみてビックリ。病院の主治医からでした。 まさか自宅に先生から直々にお電話いただけるとは考えてもいませんでした。先生だとわかった瞬間 …

【大腸がん治療】抗がん剤治療における、副作用との付き合い方

結構つらいっす。最近はまじ辛いっす。 抗がん剤治療をやっている人で、副作用は全く大丈夫、って人はおそらくいないでしょう。でも、人それぞれです。副作用については対応方法も異なるので、私のケースを紹介しま …

no image

【大腸がん治療日記】抗がん剤治療のリアルなブログ (2020/6/18~)

やっぱり6週間って長い。いやむしろ、月日が流れるのが早いのか。前回は連休明けだもんね。何もかもすっかり忘れてる。 思い出すためにもこの記録は大事だと思った。丁寧に書こう。 2020/06/18(木) …

【大腸がん治療日記】大腸がんの治療 (その3 手術)

手術の流れは病院ごとに違うでしょう。あくまでも私の場合はそうだったということで、参考情報の位置付けで読んでください。ただ、書いているのは8年前の話です。不正確な部分もあるかもしれませんが、ご容赦を。 …

PAGE TOP