がんと闘う男のブログ 治療の記録

【大腸がん治療日記】抗がん剤治療のリアルなブログ (2020/5/7~)

投稿日:2020年5月7日 更新日:

2020/05/07(木)

コロナのせいでシステムが随分と変わった。

正直に言います。時間間違えました。いつもは6時半の整理券をとるために5時50分頃に行きますが、今日は起きたのが5時半です。病院に着いたのが6時50分でした。あれ?1時間間違えました。

結局、それはそれでツいていたようです。

コロナのせいで病院の入館は8時からだったのです。おまけに今日は風が冷たい。帰りはいつも汗だくになるので薄着です。サイアク。

8時まで寒風吹き荒ぶ中を1時間以上待ちました。いつものように出発して、後1時間更に待つことになっていたらちょっとヤバかったかも。怪我の巧妙ですね。

血液検査の受付順番の整理券も大概は警備員の手渡しなのに今日は不在です。

もう何もかも普段とは違う。イライラしてもしょうがない。こういう時、木曜で良かったとつくづく思いました。

早い早い。

先生が9時20分にはお見えになって、10時過ぎには治療が始まった。

あ、因みにマーカーは 1.8 でした。急な立ち上がりなので、ちょっと気になる。

途中まで全く平気だった。でも、その時は突然やってきた。あかんぞ、クラクラ目が回る。胃がチョー気持ち悪い。

いつもはお昼に何食べようということばかり考えてるんだけど、それも飛んだ。

結局、会計もそれほど待たず、家に帰ったのが15時位。具合は悪いが、食欲が出てる、不思議だ。さっきはあんなにひどかったのに。

でも食べ終わると共に寝てしまいました。その後、なぜか1時間程で起きてしまい、そのまま23時まで眠れませんでした。とにかく暑い、トイレが近い、が今回の症状です。

でも、具合はそれほどひどくない。

2020/05/08(金)

朝起きられないかと思ったが、普通に起きてしまった。しばらくは散歩を止めるつもりだったけど、行けた。朝ごはんも普通、どうしたんだ?すげえな今回。

後の反動が怖そうだ。

終日在宅が効いているのか、いつものようには酷くない。ただ、夕方ごろに下痢が始まった。キターって感じ。でもこの程度なら大丈夫。

7時半まで引っ張って寝ました。

2020/05/09(土)

すごいな、昨夜は7時半に寝て夜中の2時半まで起きなかった。そこまでトイレ行かなかった。次に起きたのが6時。起きられない。次8時。ここでようやく起きる。トイレ感覚が長いのは助かる。でも食欲は全くなし。

昼間がつらい。ただ、おにぎり食べたら関を切ったように怒濤の食欲。しばらく食べっぱー飲みっぱーでした。

その後少し寝たらすごく楽になってる。やっぱり食事は必要だ。

晩飯も無理やり食べた。チョー具合が悪くなるが、明日のためには必要。今日も7時半まででした。

2020/05/10(日)

いやーやっぱり腰が痛い。5時半が限界。布団からは出られなかったけど、眠れもしなかった。トイレは2, 3度くらいかな。やはり慢性的に水分足りてないかも。でも飲みたく無いんだよね。とにかく胃が痛い。

今日はダメ、マジダメ。

昼は調子こいて色々食べたけど、その後は昨日以上に完全にダウン。動けない。具合悪い。マジ助けてくれぇって状態。

右手の人差し指がおかしい。腫れてる。もう始まったか?

とにかく時間が経たないとどうにもならないと思う。明日は元気が出るといいな。

ちなみにお腹は平気です。下っていません。

2020/05/11(月)

頑張った。昨夜は21時まで引っ張りました。う〜んやっぱり具合悪いです。

夜中のトイレは1回。今日からは世の中として平日なので、自分自身のペースとしても普通にすべきと考え、朝散歩を強行。歩き始めはきつかった。ペースが上がらないし、はあはあしてしまうが、それも30分程。体がほぐれてくると同時に徐々に良い感じになってきた。体力落ちているので疲労は結構感じましたが、それでもかなりリズムが戻った感じ。

お昼も良い、具合の悪さをほとんど感じませんでした。

が、15時すぎころからどんどん下り坂。なんで?ってくらいまったくダメ。寝るまでの間、とにかくダウンしてしまった。ただ、食欲が止まらない。具合悪いくせに晩ご飯を鬼のように食べまくりで、寝る直前まで食べっぱなしでした。

お腹の調子は、、、良く無いですが、出ていません。

2020/05/12(火)

さすがに超えたっぽい。それは実感します。ただ、朝散歩では最後までペースは上がりませんでした。

昨夜は8時半です。9時まで頑張れませんでした。

昨日までは、下痢がほとんど感じられないと喜んでいたのですが、冷静に考えると実は便秘に切り替わっているかもしれないということに思い至りました。本当はこれは過去の経験で非常にやばいパターンです。在宅あるあるかもしれませんが、、、

朝方、無理やりなんとかしました。出た、助かった。これでフン詰まってはいないことが確認できて一安心。

左手側面が痒くてしょうがない。おそらく免疫力低下のせいだろう。丁寧に軟膏を塗る。それでなんとかごまかすことはできる。ただ、もう冬ではないので、クリーム塗った後に手袋ができないのが地味に辛くなってきた。

夜はやはり具合よくないので、夜散歩は今日もパス。

総じて食欲はだいたい戻っています。味覚障害も特に感じません。

2020/05/13(水)

ほぼほぼ朝はもうすっきりと起きられるようになりました。これだけでもかなり改善したことが実感できます。朝散歩も問題ないし、歩くペースもかなり戻ってきました。

食欲もばっちりです。特にここ数日は1週間後ということで免疫力低下を懸念するので、あまり食事制限はしません。好きなものをしっかり食べて元気出して数日を乗り切るつもりです。

夜散歩も再開しました。不思議なもので、動き始めると体は求めるようになりますね。ほぼ2時間程散歩してしまいました。

もう大丈夫かな、ただ微妙に味覚障害は残っています。我慢できずにチョコ食べちゃってますが、やっぱり影響あるかもしれません。

2020/05/14(木)

結局昨日は夜散歩に出たこともあり、夜10時くらいまで引っ張りました。そこまで起きていられるということはほぼ正常とみなせるわけで、その意味ではだらだらと生活記録してもしょうがないかなと思いました。

一日様子見ました。大丈夫ですね。散歩もガンバれたし。

今日は木曜日です。8日目なので、最近ならまだ何かしら問題があるのですが、今回は本当に大丈夫です。

コロナのことがあり、感染症には非常に神経を尖らせています。とにかく免疫力が少しでも高まるように頑張って乗り越えようと思います。

まとめ

8日で終了というのはここしばらく無かったほどスピーディーですね。

初日・二日目もさほどではなかったのでスタートから様子が違いました。ただ、針を抜いた3日目、4日目の土日は死にましたね。何もできなくてただ、時間よ早く過ぎてくれとしか祈る毎日でした。

その後は早かったです。連日、死んだように眠っていましたが、祖のおかげで、昼間はかえって元気が出たのかもしれません。

また、コロナの影響で在宅勤務なのもいい形で作用したのかもしれません。

色々ありましたが、まずは乗りきれそうです。

次回は6/18です。

ではまた。

-がんと闘う男のブログ, 治療の記録
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【大腸がん治療日記】治療中止後、4ヶ月経った状態

最後の抗がん剤治療を行ったのが7月30日です。そこから5ヶ月以上が経っています。 9月に胸のポートを除去しています。傷あとはしっかり残っていますが、徐々に薄くなってきています。 さて、経過観察の状態で …

【大腸がん治療】がん治療中で仕事との両立は可能?

そんなの人それぞれです。 と言ってしまえば身も蓋もないでしょうが。。。たまたま私の場合はできています。 がんになると仕事を辞める人が多いなんて記事をよく目にしますが、その人なりの判断なのでしょう。ただ …

no image

【大腸がん治療日記】PET-CT検査実施

今日は半年ぶりの検査だった。2020/01/08 (水) 今日初めてのPET-CT検査でした。 今頃?と思われるかたもいるでしょう。私の場合は経緯があまり普通ではないので今頃になりました。2011年に …

【大腸がん治療日記】大腸がんの治療 (その1 入院、がん発見)

がん治療にはその部位やステージによって種々のやり方があります。全般的な話はがん研究センターによるがん情報サービスなどを参考にしてください。 ここではあくまでも私が行ってきた治療をドキュメンタリー的に紹 …

【大腸がん治療】抗がん剤治療の副作用3 (症状ごとのまとめ)

日にごとのまとめでは治療期間中の経過日ごとに症状や生活などを具体的に紹介しています。ここでは副作用の症状毎の側面から紹介します。 注: あくまでも私のケースです。 現在の治療 FOLFILIを4週間に …

PAGE TOP