がんと闘う男のブログ 治療の記録

【大腸がん治療日記】治療中止後、4ヶ月経った状態

投稿日:2020年12月3日 更新日:

最後の抗がん剤治療を行ったのが7月30日です。そこから5ヶ月以上が経っています。

9月に胸のポートを除去しています。傷あとはしっかり残っていますが、徐々に薄くなってきています。

さて、経過観察の状態です。こんなに間隔を開けたのは治療開始後初めてかもしれません。最後にCT検査をしたのが8月なので、本当に大丈夫なのでしょうか?

そうは言っても今回はマーカーチェックだけです。このマーカーは正確に病状を表しているとは正直言って信用していませんが、目安にはなると考えています。

1.2でした。

ここ数年1.xで蠢いています。9年前の手術時には10を超えていましたから、一般的には大丈夫という評価でいいと思います。

ということなので、このまま引き続き治療はお休みです。

また3ヶ月後の経過観察となりました。ただ、次回はCTをまた撮ります。

2021年3月1日の検査、翌日3月2日の問診となります。

さてどうなるでしょうか。

-がんと闘う男のブログ, 治療の記録
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大腸がん治療】がん患者はカミングアウトしているの?家族や同僚とどう接しているの?

2人に1人ががんになると統計では言われていても、 身近な人でがんの人っています?知ってます? まあそういう人しかここにはこないのでしょうが。。。 カミングアウトするの? 家族には隠せないでしょう。会社 …

【大腸がん治療】抗がん剤治療における、副作用との付き合い方

結構つらいっす。最近はまじ辛いっす。 抗がん剤治療をやっている人で、副作用は全く大丈夫、って人はおそらくいないでしょう。でも、人それぞれです。副作用については対応方法も異なるので、私のケースを紹介しま …

no image

【大腸がん治療日記】CT検査(2020年8月)

今年の1月にPET検査を行いました。その後の経過ですが、マーカーは特に問題なく、半年が経過したので、今回CT検査を行うことにしました。2020年8月7日(金)、つまり前回の点滴治療より8日めということ …

【大腸がん治療】大腸がん治療の化学療法(抗がん剤治療)の紹介

抗がん剤治療は化学療法に分類されます。局所的な手術で外科的に治療を行う場合とは異なり、がんをやっつける薬を血液を使って全身に届けることによって、見えないがんへの対処をすることになります。以下はあくまで …

no image

【大腸がん治療日記】抗がん剤治療のリアルなブログ (2019/12/5~)

2019/12/5 さあまたやって来た。木曜スタートはこれで2度めだ。 ダメだよ、先生がまた遅いよ。9時の予約で一番に呼ばれても10時過ぎじゃあなかなか辛いものがある。あとの人なんて、2時間3時間待ち …

PAGE TOP